###
エストパニス 料理クラス

アンチョビペースト

2015.02.05.


cremedanchoi

先日、6歳くらいの女の子とお母様がご来店。バゲットをご購入の際、6歳くらいの女の子はアンチョビペーストをパンに塗って食べるのが好きなんだっていう話題になりました。

–辛いのつけてって言うんですよ。

–大人っぽい好みですね。しかも、バゲットなんですね。

塩辛とか酒盗とか酒のつまみが好物という子供は時々いるんで、その洋風バージョンと考えればなるほどと頷けますね。

通常、私はドレッシングやソースに混ぜたり、パスタや洋風の煮込み料理の隠し味としてスプーン1杯くらい入れてみてください、とお薦めしていたんですが、そんなの当たりまえ過ぎてパンチ不足ですね。

胡麻油と醤油少々と混ぜ合わせて茹で野菜を和えたり、和食的な食べ方にも使えそうです。

しかし、勿論

–マヨネーズに混ぜたらおいしかったわ。

というスタンダードな食べ方も捨てがたく、ゆで卵を半分に切り、黄味だけつぶしてマヨネーズとアンチョビペーストを混ぜて(パセリ等ハーブのみじん切りが加わるともっと良い)白味の中にまた戻す、という簡単おつまみもぜひ試して欲しいものです。

このアンチョビオリーブはアンチョビだけでなく、すでにオイル、オリーブ、にんにくなどと合わせてほどよく調味されていてとても使いやすくなっており、地味ながら実は隠れた売れ筋商品なのです。

原材料:アンチョビ、ひまわりオイル、オリーブオイル、ブラックオリーブ、にんにく、レモン果汁、パプリカ、こしょう、食塩

内容量:50g

フランス産

価格:864円